Q&A

Q, 独身証明は要りますか?

独身証明は必要ありません。
入会の際に記載して頂く「履歴書」の署名欄に当方の顧問弁護士の名前が記載されています。

この顧問弁護士に現在独身であること、記載事項がすべて真実であることを誓約して署名することになります。

もし万が一、現在独身ではない、記載事項に虚偽がある場合は顧問弁護士が対応します。

Q, ご交際中の外泊や婚前交渉が禁止されていないのは何故ですか?

遊び目的等ではなく、お互い結婚の意思がある方同士のことのため、双方の合意の上であれば問題ないと考えています。

ただ、婚前交渉をしたからといって、必ず結婚できる訳ではありません。
後から気持ちが変わってしまう可能性もあります。

禁止していませんが双方の自己責任となる為、お互いが背負うリスクをよく考えましょう。

Q, 親御さんの代理契約は受付けていますか?

親御さんとの面談は受付けていますが、本人へ本当に結婚を望んでいるか確認をし、本人と当方との間で契約します。

幸せの形は結婚することだけではないですし、親御さん言われてなんとなく…での入会は本人にとっても当方にとっても不本意です。

自分の人生に関わることは自己責任で決めることですし、婚活においても同様です。
お見合いを申し込むのも、お相手と交際するのも自己責任です。

当事務所では本人が自己責任でかつ、自分の名前で契約書に署名することからが、婚活のスタートとしています。

Q, 成婚率をどうしても知りたいのですが

成婚率は当方も算出しないため、お応えできかねます。

それは、ご自分が成婚するにはご自分がどのくらい積極的に行動するかが重要であり、当事務所の他の会員がどのくらい成婚したかといった数字は重要でないと思うからです。

当事務所は会員の方が成婚できるよう、道筋を示すことはできますが、結局はご自身の行動次第です。

いかに視野を広げていろいろな方にお見合いを申し込むのか、お見合いではお相手に何をアピールするかにかかっています。

また、成婚率100%は会員が1人だけの結婚相談所でもその会員が成婚したら成立します。会員が1人だけなのに成婚率100%ですと謳うことは入会希望者がここに入会すると必ず結婚できると思い込んでしまう恐れがあります。

当事務所ではそのような誤解を防ぐためにも成婚率はお応えしないですし、算出もしません。

成婚率よりあなた自身が結婚出来るかどうかが重要です。

PAGE TOP