コラム

私がマリッジアドバイザーになるまで

単刀直入に言いますと結婚することだけが幸せとは思いませんし、結婚してない人の脆弱性をついてビジネスを行うつもりはありません。

結婚相談所の仲人がそんなこと言いますか!?と驚く方もいると思いますが、その理由は私がマリッジアドバイザーになった経緯にあります。

 

チャットアプリで出会いを求める

ある日、友人がチャットアプリでやりとりしている人を好きになったと報告を受けました。

私も良い人と出会えるかも!?と期待に胸を膨らませそのアプリを早速インストール。様々な男性と出会いましたが、所詮アプリでの出会い。

遊び目的の男性が多く結果的にうまくいきませんでした。

 

ネットワークビジネスとの出会い

そんな折、チャットアプリで仲良くなった男性からネットワークビジネスに勧誘されました。

とある会社の製品を知人にお勧めして製品を購入して貰うことで広告収入を得たり、製品をお勧めする個人事業主を増やすことで収益を上げるという手法です。

当時無知だった私は加入したものの、「このまま会社勤めしても不自由じゃない?」「このビジネスをやるとこんなに自由になれるよ!」「君もこのビジネスを成功させて脱サラして自由になろうよ!」」「君なら絶対に稼げるよ!」等と自分の行いを否定され、幸せの形を決めつけて脆弱性をつくやり方に激しく怒りを覚えました。

お勧めされた製品にも興味がなかったので1日で退会しました。

 

結婚相談所のビジネスを知る

それからしばらくして、とあるアフィリエイトのサイトで結婚相談所のビジネスを知りました。

正直前述したネットワークビジネスよりも遙かに高い収益性と「定年後もできる一生涯の仕事」という記述に惹かれ、そのサイトに掲載されていた大手結婚相談所の説明会へ。

アプリでの出会いで失敗をした私は、それとは全く違う、事前に身元が知れた方を紹介し安全な出会いを提供できて、かつ結婚を望む真剣な方々を幸せな結婚へ導くお仕事が魅力的でやってみたいと思いました。

しかし、その大手結婚相談所の「うちなら成功できるよ!加盟してください!」という下手な営業が前述のネットワークビジネスの勧誘を想起させました。

酷く不快に感じ結局その大手結婚相談所には加盟しませんでした。

 

日本仲人協会マリッジアドバイザー養成講座への参加

どうしても結婚相談所の経営を諦めきれなかった私は、日本仲人協会マリッジアドバイザー養成講座に参加しました。

日本仲人協会では「会員にとって本当に親切な対応をするために、会員をお客様扱いしない」「“仲人=先生、会員=生徒”であり仲人主導で会員を成婚へ導く」やり方と入会希望者に対し、「絶対結婚できます」「ぜひ入会してください」という文言は御法度だという説明を聞きました。

私が求めていたビジネスはこれだ!と感じました。

これまでのネットワークビジネスや大手結婚相談所のような「幸せの形の押しつけ」や「絶対成功します!」「ぜひ加入してください!」という下手な営業に辟易としていたからです。

私が加盟するところはここしかない!と思い、その場で日本仲人協会の加盟契約書にサインをしました。

 

マリッジアドバイザーとしての揺るぎない価値観の構築

私は会員の方や入会希望者に対して「結婚しないのはまずいですよ!」という幸せの形の決めつけや、「入会したら絶対結婚できます!」のような誇大広告は私が経験したネットワークビジネスのような悪質なやり方です。

私はそのような悪質なやり方は行いません。

また、「あなたなら絶対結婚出来ます!」と会員の方を持ち上げることも結婚から遠のくことになります。

私は会員の方の一番の味方だからこそ厳しいことを言います。それでも諦めずに弛みなく努力をし続ける事が出来る、本当に結婚を望む方に入会をしていただきたいです。

 

関連記事

PAGE TOP